北海道地震の時に液体ミルクを「使用しないで」と言われていたことを知って早く色んな人に液体ミルクを認知されればいいなと思った

液体ミルクを使用しないで 子育てブログ雑談
スポンサーリンク

うちの子はもうミルクは卒業してしまっているのでそこまで詳しく液体ミルクの情報を追っていなかったのですが、グリコから「アイクレオ」が発売されたのでいろいろと情報を調べてみました・・・。

そうすると、北海道胆振東部地震の被災地で、救援物資の液体ミルクがほぼ使われず保存されていたことと、液体ミルクを使用しないように住民・関係者へ呼びかけをさせいたという文書が被災地の自治体に道庁側から通知されていたことを知りました。

液体ミルクを使用しないで

液体ミルク「使用しないで」 北海道地震の被災地に送付された文書が判明【UPDATE】

9月6日に発生した北海道胆振東部地震の被災地で、救援物資の液体ミルクがほぼ使われず保存されていることに関して、被災地の自治体に道庁側から通知されていた文書を、ハフポスト日本版が入手した。
文頭に大きく「日本では使用例がなく、衛生管理が難しい製品ですので、使用しないよう住民・関係者へ呼びかけをお願いします」という表現があるなど、全体として液体ミルクの使用自粛を呼びかける内容になっていた。


■ほとんど使われなかった液体ミルク

乳児用液体ミルクは、牛乳にビタミンなどの栄養分を加えたもので、成分は粉ミルクと同じ。粉ミルクと違ってお湯で溶かす必要がなく、封を切ればそのまま飲めるため、災害時の備えとして注目されている。
東京都は9月10~11日に、フィンランド製の乳児用液体ミルク1050本を北海道庁に提供した。北海道庁は避難所やミルクが行き届いていない家庭に届けてもらうため、被災した厚真、安平、むかわ、日高、平取の5町に約200本ずつを配布した。
しかし、北海道新聞は9月23日、道庁の災害対策本部などの職員が11日ごろ、胆振、日高両総合振興局や道立保健所に対し、「液体ミルクは国内で使用例がない」「取り扱いが難しい」として使用を控えるよう各町の担当者や保健師に知らせることを求めていたと報じた。この結果、厚真町で使われた1本を除いて、使用されなかったという。
これに対して、北海道庁は「今後の断水に備えて備蓄してほしいという趣旨で、使用自粛の要請ではない」と反論していた。


液体ミルク「使用しないで」 北海道地震の被災地に送付された文書が判明【UPDATE】 | ハフポスト
https://www.huffingtonpost.jp/2018/10/05/liquid-milk-document_a_23551869/

災害で不安に思っている乳幼児を持つママにこんな文書を見せられたら、まあ、液体ミルクを飲めませんよね・・・

 

液体ミルクがフィンランド製で不安に思ったんですかね?
でも、記事を読んでみるとフィンランドから直接配布されたわけじゃなくて東京都から提供したものということです。

そうなると東京都で備蓄していたものを北海道に提供したということですかね?
それなら、都内で災害が起きた時は液体ミルクを配布する予定であった可能性もある?

そう考えるとフィンランド製の「液体ミルク」も「安心」だったんじゃないかなと思っちゃいますよね

 

ただ、まあ、こんなこと言えるのもグリコから「液体ミルク」が発売されたからかもしれませんがね!

初めてのものは誰しも不安だとは思いますが、国内初の液体ミルクも発売されましたしこれでいろいろな人に「液体ミルク」が認知されて災害時に変な不安を抱いて飲ませることができないなんてことにならないようになるといいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました